プレミアムフライデーとはどんな内容でいつから実施?15時に帰れない人多そう・・

プレミアムフライデーって知っていますか?

直訳すると「品質がよくて高級な金曜日」ということですが、なんとなく特別な金曜日だ~というイメージはできますね。バブル世代の方々は「花金」という言葉を思い出しそうですが、そんな感じでしょうか。

 

 

プレミアムフライデー、内容、いつ

今回はもうすぐ実施される予定??のプレミアムフライデーについて調べてみました。

Sponsored Link

プレミアムフライデーの内容

 

プレミアムフライデー、内容、いつ

政府と経団連、それに流通関係の業界団体などは来年2月から、2か月に1回程度、月末の金曜日を「プレミアムフライデー」とし、消費の活性化を後押しするキャンペーンを全国的に展開する方針です。

ということで、プレミアムフライデーは「消費を拡大する」という政府の政策ですね。

仕事を切り上げて街に繰り出し、みんなでいっぱいお金を使って景気をよくしよう!ってことらしい。。。はたしてうまくいくのだろうか?

 

 

プレミアムフライデーはいつから実施?

 

プレミアムフライデー、内容、いつ

プレミアムフライデーは今のところ来年2017年2月から実施となっています。

日本の多くの企業の給料日が25日ということもあって、月末の金曜日ということはたくさんお金を使ってくれるという期待感もあり、この日に制定されました。毎月クリスマスがやってくる!というイメージになりますね。

 

Sponsored Link

 

プレミアムフライデーのメリット・デメリット

やるのはいいけど、実際どうなの?というわけで、僕の考えたメリットとデメリットを挙げます。

 

メリット

・消費喚起という政府や経済界のもくろみは置いといて、給料はそのままで労働時間が短くなるということは、単純にサラリーマンはうれしい!それだけでちょっと気分はHAPPY!!

・国が推薦している政策なので、上司に文句や嫌味を言われずにちゃんと帰れそう。そうなれば、旅行の計画や飲み会のセッティングなど立てやすいかも。。。

デメリット

・接客業、サービス業の従業員は、15時退社できる恩恵を受けることができないし、逆に忙しくなりそう。

・2ヶ月に1回程度の実施では、効果が現れるまで時間がかかりそう。やるならガンガンやって欲しい。(ヒラ社員の願望)

 

本当に15時に帰れるのか?

まずは、15時に本当に帰れるのか?という疑問がわきますね。金曜日というのはどうしても仕事を残しておきたくない、来週に持ち越せないというサラリーマンも多いはず。「来週の準備がバッチリ」とならないと、帰れない人も多いんじゃないでしょうか。

僕の経験からいっても、金曜日は他の曜日に比べて定時にピタッと帰りづらい曜日になっています。ですが、実施されれば僕は全力でプレミアムフライデーを盛り上げるために、15時にサクッと帰る努力をしますけど(笑)

 

以上、プレミアムフライデーとはどんな内容でいつから実施?15時に帰れない人多そう・・についてでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ