デロンギ・オイルヒーターHJ0812を購入!気になる電気代・臭い・暖かさをレポート

デロンギのオイルヒーターHJ0812を購入しました!

デロンギ、オイルヒーター、HJ0812

私がオイルヒーターを購入するにあたって、気がかりだったことは

1.電気代がめちゃめちゃかかるのでは?

2.ストーブやエアコン並に暖まるのか??

という2点です。電気代についてはまだ請求が来ていないのであとで記述することにして、今回は評判の使い心地についてレポートします。

Sponsored Link

デロンギ・オイルヒーターHJ0812 新品価格は?

私が購入したのはYahoo!ショッピングで最安値を付けていたとあるお店です。税込みで20,000円を切るくらいの価格でした。今見ると、なんとビックリ!価格が上がっているではありませんか。いい時に買い物をしたなーと思います。

デロンギ、オイルヒーター、HJ0812

デロンギ・オイルヒーターHJ0812はこんなダンボールに入ってやってきます。重さは12kgですので重く感じるかたもいるでしょうが、箱から出して設置してしまえば本体にキャスターが付いていますので、コロコロと転がして移動させることができます。

 

デロンギ・オイルヒーターHJ0812 5つの特長

デロンギ、オイルヒーター、HJ0812

画像はちょっと見づらいかもしれませんが、デロンギオイルヒーターの特長が書かれています。5つの特長について私の所感を書いてみます。

●空気が汚れず乾燥しにくい

オイルヒーターは電気でオイルを温めて循環させて熱を出すというシステムのため、石油ストーブやガスファンヒーターといった燃料を燃やして熱を作り出す暖房器具と違って空気が汚れず乾燥しにくいです。めちゃめちゃ実感できます。

換気の必要がないので、せっかく温まった空気を外の冷たい空気と入れ替えしなくて済むのでとてもいいです。

 

●やけどや火事の心配なし

デロンギのホームページを見ると、表面温度は約80°との事。使用中に手のひらで触ってみるとけっこう熱い!確かにパッと触っただけでやけどするまではいかないでしょうが、やけどの心配なしという表記はどうかな~という気がします。

火事の心配はないでしょう。転倒時自動電源遮断装置がついていますから万一倒れても大丈夫です。

 

●オイル補充・交換不要

オイルヒーターと聞くと自動車のオイル交換のように定期的にオイル交換をするの?と思う方がいるかもしれませんが、それはありません。購入したらあとは電源をいれるだけです。

 

●お部屋全体をムラなく暖める

HJ0812は8~10畳までの部屋にとメーカーが言っているように、1200Wのパワーがあり暖かいです。実際に私の6畳の寝室では夜寝るときも朝起きるときもポカポカで快適です。

 

5.ホコリやハウスダストを巻き上げない

エアコンやファンヒーターと違って風を送り出しませんから、ホコリが部屋に舞うことはないですね。そこまで気にしたことはなかったのですが、温風が直接当たるのが嫌なときってありますもんね。オイルヒーターは風が出ないのでGoodです。

 

Sponsored Link

 

デロンギ・オイルヒーターHJ0812 気になった点

どうしても気になった点が1つだけあります。それは、独特のオイルの臭いがするということです。

そんなに嫌な臭いというわけでなく慣れれば問題ないでしょうが、最初にオイルの臭いがするということは購入される方は頭に入れておきましょう。

 

追記:ネットで調べたところ、臭いが気になる人が他にも結構いました。が、やはり使用していくうちに気にならなくなる、もしくは消えるという意見が多かったです。

デロンギ、オイルヒーター、HJ0812

 

もう1個だけ。タイマー機能がアナログですから、最初の設定がちょっと面倒。でも最初だけです。見てくださいこのアナログ感たっぷりのタイマー設定(笑) タイマー設定したらあとは電源入れっぱなしでOKです。

 

デロンギ・オイルヒーターHJ0812 まとめ

空気が汚れず乾燥しにくいという点とホコリやハウスダストを巻き上げないという点はウソ偽りなし。暖かさの点でも文句なし。鉄筋コンクリートの6畳の部屋ですので、これさえあればもう十分です。おーこれぞ私の求めていた暖房器具だ!!

デロンギ・オイルヒーターHJ0812、購入してよかったです。オススメです。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ